不正競争防止法の目的とは

法律 目的

不正競争防止法の目的とは

 私たちは、何らかの組織に属するか属さないかに関わらず、経済活動をすることによって、報酬を得て生活しています。
その経済活動が不公正な競争であれば、経済の発展も阻害されますし、粗悪な物やサービスがはびこります。
その結果、消費者としての私たちも安心して商品やサービスを購入できません。
公正な競争環境を保つためには、そのための法整備が必要になります。
その法律が「不正競争防止法」です。
 明治時代の産業の発展の流れから、日本は昭和初期には、工業製品を安価に大量輸出する国になりました。
その副産物としての粗悪品、模造品や偽造品が、外国の強い批判にさらされました。
その批判への回答として、不正競争を否定することが求められたのです。
その結果出来た法律が、不正競争防止法です。
 この不正競争防止法は、平成5年に全面改正されました。
その後も改正され、「知的財産権」の保護についての強化がされています。
この法律の目的は、不公正な競争を防ぐことですが、近年においては特に、知的財産についての保護が強化され、情報化社会に対応した姿になってきているのです。

お知らせ

一覧

不正競争防止法の目的とは

日本人の意識が法律問題を起こし易いその内容

法律の問題などについて

この法律家は避けた方が無難